2010年05月14日

加藤 博一(かとう ひろかず)と肺がん

プロ野球選手だった解説者をやっておられた加藤 博一(かとう ひろかず)さんは肺がんと診断されてから時間もなく亡くなられましたね。

2006年に肺がんと診断されてから2008年に亡くなりました。

テレビでは明るい様子が印象的だったので、病気だったとは思いませんでしたし、亡くなられたということもあまり信じられませんね。

左足大腿骨に癌が転移したこともあり、転移や再発の影響があったようですね。

転移や再発は検査を定期的に受けていても、発見できない場合や、発見できても完治できない場合もあるようですが。

遺伝的なものもありますが、できることの予防はやっていきたいですね。


posted by ぴめったん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38060217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック