2010年05月14日

野村克也さんはヤクルト監督時代にも解離性大動脈瘤?

野村克也さんはヤクルト時代にも解離性大動脈瘤ではないかと思われる入院があったそうですね。

精密検査の結果は「高血圧症ならびに脊椎(せきつい)分離症」と診断されたそうですが。

このあとは血圧降下剤を毎日飲み続け、健康には気を使っていて、大きな病気もなく健康状態がいいといつも言われていましたが。


解離性大動脈瘤とは内膜、中膜、外膜の3層からなる大動脈の中膜が弱くなり内膜の一部が裂けて外膜と離れるものなのだそうです。

血圧が急激に下がる、破裂の可能性が高まるなど命にもかかわることなのだそうですね。

手術を行う場合が多いのだそうです。

posted by ぴめったん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38055956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック