2010年05月14日

加藤 博一(かとう ひろかず)と肺がん

プロ野球選手だった解説者をやっておられた加藤 博一(かとう ひろかず)さんは肺がんと診断されてから時間もなく亡くなられましたね。

2006年に肺がんと診断されてから2008年に亡くなりました。

テレビでは明るい様子が印象的だったので、病気だったとは思いませんでしたし、亡くなられたということもあまり信じられませんね。

左足大腿骨に癌が転移したこともあり、転移や再発の影響があったようですね。

転移や再発は検査を定期的に受けていても、発見できない場合や、発見できても完治できない場合もあるようですが。

遺伝的なものもありますが、できることの予防はやっていきたいですね。


posted by ぴめったん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

王貞治さんがゴルフ大会に参加(おうさだはる)

ソフトバンクホークスの監督をやっていた王貞治さんがゴルフ大会に参加していました。

王貞治さんは胃がんの手術を行い、胃を摘出したことで、食事の量も減ったそうではありますが、やはり痩せたイメージがありました。

手術してから4年ほど経ちますが、再発などの話は出てきていませんし健康そうではありますね。

長嶋茂雄さんは脳梗塞で倒れ、王貞治さんは胃がんで手術を行い、野村監督は入院と気になるニュースも多いですね。


森光子

老後と資格など

野村克也が入院?
posted by ぴめったん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

野村克也さんはヤクルト監督時代にも解離性大動脈瘤?

野村克也さんはヤクルト時代にも解離性大動脈瘤ではないかと思われる入院があったそうですね。

精密検査の結果は「高血圧症ならびに脊椎(せきつい)分離症」と診断されたそうですが。

このあとは血圧降下剤を毎日飲み続け、健康には気を使っていて、大きな病気もなく健康状態がいいといつも言われていましたが。


解離性大動脈瘤とは内膜、中膜、外膜の3層からなる大動脈の中膜が弱くなり内膜の一部が裂けて外膜と離れるものなのだそうです。

血圧が急激に下がる、破裂の可能性が高まるなど命にもかかわることなのだそうですね。

手術を行う場合が多いのだそうです。

posted by ぴめったん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

野村克也(のむらかつや)さんが入院している?していない?

解離性大動脈瘤(りゅう)のために入院と報道された野村克也さんですが、妻の野村沙知代さんは病気ではない、入院はないと語っていますね。

息子の克則さんは深刻な状態ではないと語り、入院、病気であるようなことは言ってはいるようですが。

野村克也さんは楽天の監督を退任しましたが、今でも生きている間はずっと監督業をやりたいと思っているそうで、病気であればそういうことはあまり表にはでてきてほしくないと思っているそうですが。

実際には入院するほどの重い症状なのか、それとも克則コーチが語ったようにただの風邪なのでしょうかね。

野村元監督は以前に心臓の手術も行っているそうですが、20年もの前のことですしわかりませんね。

posted by ぴめったん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他